2010年06月15日

世界平均気温、過去最高タイ=今年3〜5月―気象庁(時事通信)

 気象庁は15日、今年3〜5月の世界の平均気温(速報値)が1891年の統計開始以来、1998年と並び過去最高になったと発表した。
 同庁によると、3〜5月の平均気温は、平年値(71年〜2000年の30年間の平均値)と比べてプラス0.41度となり、98年と同じ値だった。要因としては、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加や、昨年夏に発生したエルニーニョ現象の影響が考えられるという。
 一方、日本の同時期の平均気温は平年値比でマイナス0.27度だった。これは日本付近で4月に、低気圧が通過するなどした結果、雨や曇りが多く、気温が低かったためという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
エルニーニョ現象が終息=日本の夏、北は涼しく
ローソン、リチウムイオン電池活用の創エネ設備=松山の店舗に初導入
日銀、本店旧館ライトアップを中止=温暖化防止で21日〜7月7日
ビル駐車場で4人CO2中毒=作業員、バルブ閉め忘れか

タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
<地震>鹿児島・奄美で震度3=午前0時45分(毎日新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)
口蹄疫、非常に危険な状態=農水相(時事通信)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)
posted by イソ マサヒコ at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ミズバショウはこれから本番 シーズン到来の尾瀬(産経新聞)

 福島、群馬、新潟、栃木の4県にまたがる尾瀬を訪ねた。

 今年は尾瀬も春の訪れが遅く、ミズバショウの群落もわずか。しかし、ところどころで、真っ白なドレスをまとった端麗な姿を見せていた。

 この時期、かわいい花を咲かせるリュウキンカも、ハイカーの目を楽しませていた。

 帰りのバスで相席となった千葉からのツアーの添乗員、上田彦一さん(64)は「いつもより10日から2週間ぐらい遅れている。でも、ミズバショウはいままで見たことがないくらい白く、きれい。鳩待峠の近くで運が良ければ、オコジョにも出会える」と教えてくれた。

 今月中旬までの土日は、シーズンで最も多くの観光客が訪れると、関係者はみている。(土樋靖人、写真も)

【関連記事】
ハナショウブが彩る初夏の「神苑」 平安神宮
狭山市都市緑化植物園でバラが見ごろ
咲き誇る“日本一”鴻巣のポピー畑
ボタン3000株香る 塩原温泉の妙雲寺 栃木
六甲山に初夏の訪れ クリンソウが見ごろ
「はやぶさ」帰還へ

刺殺弁護士資料に名のある男性、県警が行方捜す(読売新聞)
龍馬とおりょうの夫婦像も! 横浜&横須賀でゆかりの地を巡る
<子ども手当て>支給始まる…富山・朝日町は現金で(毎日新聞)
民主党両院議員総会、「鳩山後継」選出へ(読売新聞)
「オウム関与」公表適切=長官銃撃のアレフ苦情に―都公安委(時事通信)
posted by イソ マサヒコ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

マーケティングは社内から――インサイドマーケティングのすすめ(Business Media 誠)

 マーケティングというのは、原則として「顧客(市場)に対する仕掛け」を意味する。だが、会社の外に対するメッセージや仕掛けに集中するあまり、社内への浸透と徹底におろそかになっている企業はあまりにも多い。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 メディア環境が多様化し、顧客(非顧客も含む)との接点が拡大した現在、「マーケティングアクションがここ10年で数倍から10倍に増大した」と語るマーケティング担当者が多く、しかも、非常に短期的な費用対効果を期待される。さらに、ソーシャルメディアへの参入は、マーケティング担当者自らメディア化することとなるので、さらに多忙を極める。それゆえか、顧客への対応ばかりに気が移り、社内への啓蒙、共有といった、先に行わなければならないことがおろそかになってしまう。

 しかし、顧客への提案やPR、顧客との関係構築などに成功している会社は、むしろ、社内での戦略の浸透を徹底しているといえる。実際、アメリカマーケティング協会で、「マーケティングとは、顧客を創造し、伝達するため、そして組織とその利害関係者(顧客、株主、債権者、従業員、経営者、取引先、行政機関)に便益を与えるような方法で、顧客関係を確立するための1つの組織機能であり、一連の過程である」と20年ぶりに再定義された内容にあるように、そうした会社は「その組織と利害関係者」への施策に成功しているのだ。

●なぜ社内向けの伝達や啓蒙がおろそかになっているのか

 このような社内向けの伝達や啓蒙がおろそかになっている原因は、マーケティング担当者の多忙さばかりにあるのではなく、現在の環境変化にもよる。

 1つ挙げられるのは、購買の意思決定要因が非常に複雑化してきているということ。

 高度成長時代のように単純に「そのモノが欲しい」というニーズだけではなく、現在ではその商品やサービスの背景にあるストーリーや付加価値を検討しながら、類似する多くのサービスの中から選択するというプロセスを経て購入する。しかも、ユーザーからの情報や評判、評価を簡単に手に入れることができるので、商品提供側が何を言おうが、顧客はあらゆる情報を仕入れることができる。そうなると従来のワンウェイ訴求型プロモーションだけでは、そうした商品やサービスの価値をプレゼンテーションして納得してもらうのは、非常に困難になる。

 もう1つは、作り手側のメッセージが高度化し、クオリティが上がれば上がるほど、実際に営業やサービスに相対する顧客はギャップを感じることになるということ。例えば、高度な専門知識と顧客本位のソリューション力をメディアやWebで訴求する金融機関や、地球環境と利便性を両立させる住まいを標榜するハウスメーカーなど、企業側が啓蒙すればするほど、実際の営業マンからの提案や対応との落差があまりに大きいと落胆してしまった人は少なくないだろう。

 弊社で、「本質的な経営理念やビジョン・戦略の現場への浸透」についてアンケート調査を行ったところ、次のような結果となった。

 20%近い人が「興味がなく取り組む予定もない」と答えたことも驚くが、「成果が現れている」と答えた人も20%しかいない。

 マーケティング・調査や経営企画に「成果が出ている」という答えが多いのは納得できるが、現場で働く営業・販売部門における評価は低い。そして「危機感を感じている」「必要性は分かるが方策が分からない」層も約25%存在している。

 この結果を見ると明らかなように、問題なのはまず社内への浸透を課題だと認識していないことが1つ。そして、危機感や必要性を感じていながらも対応していなかったり、一応取り組んではいるものの成果がないとする人たちが約60%も存在するということだ。

●顧客との関係構築は、まず社内での関係構築から

 さらに、この「本質的な経営理念やビジョン・戦略の現場への浸透」への答えと、ほかの戦略面での関連を見た。すると、「功を奏してきた。今後さらに力を入れたい」と答えた人は、ほかの戦略面でも大きく成果を生んでいると答えている。特に、「自社Webサイトを活用した顧客との関係構築」「顧客の会員化や組織化、データベース化による囲い込み戦略」といった、顧客面への対応に成果を生んでいることが分かる。

 マーケティング活動には、顧客へ向けた発信に加え、顧客ニーズの吸い上げ、理解、共感といったインバウンド的な要素も含まれる。当然、効果的な発信を行おうとするならば、効果的なインバウンドも必要となる。インバウンドを得るには、やはり社内スタッフの手を借りることも必要となり、必然的に社内でもコミュニケーションも活性化するのかもしれない。

 いずれにしても、顧客との関係構築は、まず社内での関係構築から。この傾向は今後さらに強まるに違いない。(猪口真)

【関連記事】
一人勝ちアウディのブランディング戦略
不況でも伸びてます! 化粧品通販のマーケティングに注目せよ
“問い続ける男”が教えてくれる、“続けさせるマーケティング”――アウディ

<取材ノート>イモビライザー(毎日新聞)
元専務ら強制捜査へ=ローソン子会社の不正流出―特別背任容疑・東京地検(時事通信)
参院選「かなり負ける可能性」=鳩山首相の続投訴え―外相(時事通信)
<新潟市美術館>7日から2カ月休館 カビ・クモ発生問題で(毎日新聞)
<鳩山首相>「次の総選挙出馬せず」 (毎日新聞)
posted by イソ マサヒコ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。